【お役立ち情報】美脚になれないと諦める必要はないO脚

テレビCMや雑誌などで紹介されている美容対策というのは、全ての人に有効的というワケでは決してありません。
人それぞれ美容の個人差がありますので、あなたの体質に合った美容対策をする必要があるのです。 O脚は矯正をすることによって治すことが今では出来るのです。
悩みのO脚を治して美脚を実現させたい!っと思っている人は早めに矯正を行うようにしてください。美脚を求めている女性達を最も苦しめているのが、日本人に多いO脚なのではないでしょうか。
普段から横座りをすることが多かったり、日本人というのはO脚になりやすい骨格の遺伝子を持っているので多くの人が悩んでしまうことでしょう。

 

日本人女性でも真っ直ぐで美脚と呼ばれている方も多くいますが、日本人の約8〜9割の方というのがO脚のことで悩みを抱えています。
しかし、O脚だからと言って美脚を作ることが出来ないと諦めてしまうことはないのです。



【お役立ち情報】美脚になれないと諦める必要はないO脚ブログ:20-01-27

人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「14時12:00が近くなると腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
6時AM9時ごろに6時食を食べたら、
ほとんどの場合、腹は空いていないと思います。

しかし子どもの頃からの生活習慣で
「12:00になったら14時食」という風に教え込まれています。

だから、腹が空いていないにも関わらず、
12:00になったら食事がしたくなるのです。

3時のおやつもしかりです。

午後一時近くまで食事をしていたのなら、
午後3時は食事後120分程度しか経過していません。
120分程度なら、さほど腹は空いていないはず…

でも、「3時の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来は腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際には腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうなサーロインステーキの看板を見る
・飲み会の後は味噌ラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

シェイプアップをうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。



ホーム サイトマップ